ペイトリオッツ

<NFL>トムブレイディから学ぶストイック論。

スカウティングコンバイン

NFLで有名な選手と言えばペイトリオッのQBトム・ブレイディ。NFLを知らなくとも、90年代のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンの旦那さんと言えばピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

けして若いとは言えない40代のブレイディがトップでい続ける理由の一つに彼のストイックさがあります。

ストイックなトム・ブレディ

 

View this post on Instagram

 

#finalprepsoontheycount 🏆

Tom Bradyさん(@tombrady)がシェアした投稿 –

NFL最高のQB(クォーターバック)トム・ブレディ。彼の生活がかなりストイックで極めている・・・。その彼の生活を少しご紹介(‘◇’)ゞ。

ブレイディのライフスタイルはジゼルの影響大?

早起き

就寝は20時半~遅くとも21時。起床は5時半。アラームは使わず。

食事の80%は、新鮮な野菜と全粒穀物。玄米やキヌア、豆。オーガニック以外はNG。残り20%は赤身肉、鴨や鶏肉。または天然の魚。

砂糖や精製された小麦粉は摂らず。

これがトム・ブレイディの日々の生活。奥さんであるスーパーモデルジゼルの影響ももちろんあるんでしょうが、凄まじいまでの節制です。

さらに言えば、チームにおいても一般的なスポーツドリンク ( アメリカといえば、ゲータレード!) も飲まず、チームが彼のために(!!) 用意する

砂糖不使用で、電解質を含む特製ドリンクを摂取

なぎパパ
なぎパパ
さすが スーパースターはスペシャルですねぇ。

ブレイディはまだまだトップアスリート

 

View this post on Instagram

 

Off and running….💨💨💨 #backtowork

Tom Bradyさん(@tombrady)がシェアした投稿 –

彼は今年40歳を迎えましたが、衰えはまったく感じられません。トレーニングキャンプでもその好調ぶりをアピール。

NFL生活18年目でもいまだトップに君臨

クイックリリースも健在。なんだかんだ言って今年もペイトリオッツはスーパーボウルチャンピオンの最右翼に挙げられるでしょうしね。

一般的にプロアスリートの現役生活は非常に短いもの。パフォーマンス不足でチームからカットされることもあれば、ケガに泣かされることも。

うまくプロ生活にフィットしてもピークパフォーマンスを発揮できる期間はそう長くはありません。

たしかに日本でもカズ( サッカー ) や山本昌 (元中日投手 ) の例こそありますが、正直ピークパフォーマンスを発揮しているか( あるいは発揮していたか ) と言うと・・・ですよね。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

Tom Bradyさん(@tombrady)がシェアした投稿

そんな中でブレイディはある意味バケモノ。もはやジョー=モンタナ(この名前にピンとくる方は40代以上か?あの頃はにわかNFLファンの芸能人たちがモンタナ、モンタナ、49ers、49ers って煩かったッス )を越え、史上最高のQBと言われるのもわかります。

最後のときが近づいているのは確実でしょうが、ちっともイメージが湧きません。

あと数回、サラッとスーパーボウルリングを奪ってしまいそうな気も。ストイックな生活は全てフットボールのためと言いきる彼の勇姿を今年も楽しみにするとしますか。

でも、上記のような生活、ワタクシには全くもって不可能ですけどね。

▼ポチっと押していただけると励みになります。

error: Content is protected !!