その他

<NFL>アメフトのドラフトについて、僕も考えてみた。

ドラフト2018

NFL観戦をし始めて、20年がたとうとしているなぎパパです。 NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)ドラフトから、はや1週間。

今年も例年どおり、いろんなドラマや各チームの心理戦をみることができました。最近では事前に提供される情報も増え、いつも以上にドラフトが楽しみだった僕(;^_^A。

2018ドラフト

なぜなら、2018年は「QBドラフトの年」と言われていたからです(だってQBは、オフェンスのかなめですから!)。ドラフト前から評価されていた有力候補たちも、順当に指名されていきました。なかには、

おっ!

と思う指名もあったり・・・。トレードアップ&ダウンとともに、楽しむことができました。

ドラフト注目選手

そんな有力候補の中で、「BIG4」と呼ばれていた選手は、

  • ダーノルド
  • ローゼン
  • アレン
  • メイフィールド

さらに上記メンバーに加え、

  • ラマー・ジャクソン
  • メイソン・ルドルフ

ブラウンズの選択

注目の全体1位指名は、事前予想を裏切ってベイカー・メイフィールド!

なぜダーノルドじゃないの?!ブラウンズ

過去には、RG3やマンジールもブラウンズに所属していたことがあるから、どちらかというとモバイルQBがお好みなのか?ブラウンズ。

ダーノルドのような、正統派ポケットパサーは、あまり好きじゃないってことか?

棚ぼたジェッツ

おかげで、ジェッツはダーノルドを指名できて万々歳。しかし、こちらはこちらで

いったい、何人のQBがいるの?

なんて思っていたら、ペティをリリース。しかし、まだマカウン、ハッケンバーグ、ブリッジウォーターも所属しており、QBルームは大混雑。ハッケンバーグは、近々リリース予定か!?

各チームの選択

とくに注目していたQBアレンはビルズ、ローゼンはカージナルスに指名されました。しかし、どちらもチームに合っていないような・・・。

気のせい?

ビルズは、トレードアップした指名順を、ドラフト当日さらにトレードアップしてまで獲りにきましたが、他チームの動向に

ビビリすぎた

感が否めませんでした。ラマー・ジャクソンはレイブンズ。フラッコというエースがいて、控えにRG3、そこにジャクソンてのはよくわからん。WRとして使うのかな?

ブロンコスの選択

そんな中、わがブロンコスは1巡目で、DE ブラッドリー・チャブを指名。ベテランの域に入ってきたLBボン・ミラーとコンビを組み、その後継者になれるだけの逸材だと思えるいい指名(^-^)。

2巡目のWR サットンも、デマリウス・トーマスのクローンになれるとの評価もあり、いい感じ。

3巡目以降も、全体的にバランスよくニーズを埋めたドラフト指名で、今年のドラフトでのブロンコスは評価が高かったです。

やるじゃん、エルウェイ

ただ、貧弱なオフィスラインの補強ができなかった点は気がかり。FAとなった元バイキングスのQBキーナムを獲得したには、リンチが育つまでチームを支えてもらわにゃならんので、そのキーナムを守るラインをもう少しなんとかしなきゃね。

まとめ

ともあれ、ルーキーたちは NFLのスタート地点に立ったばかり!今度は、「ゲームに出る」という目標に向けての、過酷なサバイバルが始まります。

幸運を!!

 

ポチっと押していただけると励みになります(^^)/。

error: Content is protected !!